春・秋・冬 万能アウターbarbourの魅力とは?

スポンサーリンク
fashion

こんにちは!denikajiです!
今日は経年変化好きなら誰でも知ってる
バブアーの魅力について語ります!

Barbourバブアー とは?

1894年にジョン・バブアー(John Barbour)が創業したブランドです。北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者に向けてワックスで生地をコーティングし、防水や防風機能を実現させた”ワックスドクロス”を提供したことがこのジャケットが生まれたキッカケ。

このバブアーですが、春・秋は薄手のニットに羽織ったり、冬には厚手のパーカーを着込んでその上に着用したりと、ほぼオールシーズン着用可能な非常に優秀なジャケットになります。

バブアー のジャケットにはオイルドジャケットとノンオイルの2種類ありますが、今回はオイルドジャケットにフォーカスしてお話ししたいと思います。

Barbourバブアーの種類は?

バブアー で最も人気なのがビデイルSL。乗馬用のジャケットとして開発され、丈感は腿上あたり、現代的なフォルムをしているのが特徴です。ラグランスリーブ、サイドベンツ、ハンドウォーマー、袖口にリブがついており、防寒性については申し分ないです。

次に、ビデイルの丈を長くしたフォルムが特徴のボーダー SL
スーツにも合うアウターとして有名なバブアー ですが、丈が長くなることにより、よりフォーマルな印象をあたえることができます。

最後にご紹介するのがビューフォート SLです。
形はビデイルに似ていますが、ビューフォートには”ゲームポケット”と呼ばれる、ハンティングで得た獲物を入れる大きなポケットがついていたり、脇の下に通気口や比翼の内側に隠れたポケットなどがあり、機能性に優れたモデルとなっております。

オイルドジャケットとノンオイルジャケットどっちがおすすめ?

オイルドジャケットのレビューを見ると、割とネガティブな意見が多いです。
匂いが臭い、洗濯・クリーニングも専門店以外では不可、通気性の良いところで掛けておかないとカビが生える、などこれらのことを鑑みるとノンオイルの方がいいのでは?と思う方も多いと思います。

それでも私はオイルドジャケットをおすすめします。
理由としては、、、
経年変化が楽しめるから!!!!!!
この1択です。笑
ゴローズにしても、デニム にしても、ブーツにしても、時計にしても、経年変化が楽しめて自分の味を出せるアイテムは愛着が湧きます。手のかかるアイテムであればあるほど、その分自分色のアイテムに育て上げることができるのです。

Barbourバブアーのお手入れ方法は?

オイルが塗られているバブアーはお手入が必須です。経年変化を楽しむためにも、しっかりとしたケアを行いましょう。

「ブラッシング」

バブアーは、オイルが塗られているため、埃がつきやすく、放っておくとかなり埃が目立ってくる。また、襟元のコーデュロイ部分もブラッシングを定期的にすることで、綺麗な状態を保つことができる。

「乾燥対策」

湿気が多いと言われる日本ではカビの恐れは無視できない。バブアーのワックスドジャケットは、カビ予防のケアは必須。対策としては、通気性の良い場所で保管する、通気性の良い布を上に被せるなど普通の衣服とは違った保管方法が必要。また、他の衣類と同じところに保管してする場合カビの対策と同時にワックスが他衣類へ付着するのを防ぐことが出来る。

「リプルーフ」

ワックスドジャケットの防水性を長持ちさせるには、再度ワックスを入れるリプルーフが必要。店舗に頼むこともできますが、自分でワックスを購入して塗り込むこともできる。このリプルーフ作業は毎年行う必要はなく、5年に1度の頻度で大丈夫です。

まとめ

以上、バブアーの種類とお手入方法のご紹介でした。ノンワックスのジャケットはお手入不要で便利ではありますが、経年変化が好きな方は是非、オイルドジャケットの方を選んで頂きたいです。
中にリバースウィーブを着たり、デニム ONデニム の上に羽織ったりとアメカジの格好にも非常に合いますし、プライベートだけでなく、ビジネスシーンでも着用可能です。正直こんな万能なアウターは私は他に知りません。是非1着手に入れてみては如何でしょうか?
それでは、次回の記事でまた会いましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました